Peace-K

ドラム&パーカッションを中心に、演奏するのが大好きな音楽家。
cembaloのドラマーとして2000年メジャーデビュー。
現在はYO-KING、Caravan、Spinna B-ill、Keison、ハナレグミ、浜崎貴司、元ちとせ、 鈴木慶一、曽我部恵一など他多数のミュージシャンの様々なライヴ、レコーディングに参加し活躍中。 そんな縁のあるミュージシャン達が集う『Pすけ祭り』というイベントを各地で行っている。 スイスのMONTREX JAZZ FESTIVAL'04にSANDIIのパーカッションとして出演した時に hangというUFOのような不思議な楽器に出会い、その音に一目惚れし日本に持って帰り '06.2.28新月の日に地元葉山の森戸の海で約45分演奏し、hangと共に波の音や自然の空気を 一緒に詰め込んだ『NEW MOON』を発売中。そのhangとインドのマッサージ・アーユルヴェーダ 「sala shanti」による『LIVE&MASSAGE』というリラックスパーティーも不定期に行っている。 自身が生活している「葉山の一日」をハナレグミ、児玉奈央 (YoLeYoLe)、 どんとの息子であるラキタ&ナラ、hanchanという愉快な仲間達と巡る、 音風景的な初ソロアルバム『Peace Tree』を、Tuff Beatsより'08.6.4の新月の日に発売、 ツアーも大盛況を収める。
楽器さえあれば、どんな場所でもリズムを奏で出すので、 今夜もどこかで誰かとセッションしているのである。





ページトップへ