神尾米

1971年11月22日 生まれ
神奈川県出身
3歳から水泳に力を入れていたが、母の影響で10歳からテニスを始め、 伊良子妙子コーチに出会う。その後引退するまでの15年間二人三脚で歩み続けた。
東海大学相模高等学校卒業後、ブリヂストンスポーツ契約プロとして、世界に挑戦。
1992年全豪オープンをかわきりにグランドスラムで活躍。
1995年には自己最高WTAツアーランキング24位までのぼりつめるが、肩の故障により1997年2月全日本室内テニス選手権(単複優勝)を最後に惜しまれながらの引退。
現役を引退してから沢山の方にテニスの楽しさを伝えたいとブリヂストンスポーツのイベントやクリニックで全国をまわる傍ら、WOWOW等でテニス解説者としても活躍。また、プロ選手やジュニアの育成にも力を注ぎ、2015年よりワールドジュニア女子日本代表チームの監督を務める。
2003年5月長女を出産、子育てと仕事の両立に奮闘中。

【主な戦績】

1991年 全日本室内テニス選手権優勝
(以後1997年まで隔年で計4回優勝)
1994年 全日本選手権優勝
1995年 グランドスラム3大会(全豪・全英・全米)ですべて3回戦に進出
自己最高世界ランキングは24位(1995年)



【神尾米への出演依頼等、お問い合わせはこちら】

〒153-0052 東京都目黒区五本木2-11-3 有限会社タフビーツ内
TEL: 03-6412-8977 / FAX: 03-5724-4076
メールでのお問い合わせはこちらからお願いします。




ページトップへ