Alon Eder(アロン・エデル)

1983年テルアビブ生まれ。
子供の頃から、カシオのキーボードで作曲を始める。
演劇やダンス、短編映画などの音楽を手がける。
2010年にデビューアルバム『Alon Eder』を発表。
詩人の詩に音楽をつけたものや、自身の作詞作曲を含むこのアルバムは好評をもって迎えられた。
ついで、バンド名義のファーストアルバムをリリース。
2012年にカシオのキーボードのみを使用した『Dirty Casio EP』リリース。
2014年に『Summary of Life So Far』を発表。「A little bit of love won’t do no harm(ちょっとの愛なら傷もつかない)」の大ヒットにより、Alon Eder & Band(アロン・エデル&バンド)は一躍イスラエル大衆に認知される存在となった。同年アロンはイスラエルの人気連続ドラマ'VIP'に俳優として出演する。
アロンと妻Shaniは2年前からキブツ(イスラエル独特の集産主義的協同組合)に、息子とともに住んでいる。



ページトップへ