クォーター・トゥ・アフリカ(Quarter To Afirica)

2014年に2人のイスラエル人、サックス、ギター、ヴォーカルのヤキール・サッソン(Yakir Sasson)と、ウード、ベース、ヴォーカルのエリアサフ・バシャリ(Elyasaf Bashari)を中心とするプロジェクトとしてスタートしたクォーター・トゥ・アフリカは多才なトップミュージシャンが集まるグループとして徐々に成長し、2016年にデビューE.Pをリリース。ラジオ局では頻繁にオンエアされ、テレビやインターネットの番組に出演、人々に熱狂的な支持を受け、ネットや新聞など国内を始め海外の音楽業界でも高い評価を得ました。
この2年間で彼らは、国境を超えイスラエルの映画祭から国際的なジャズフェスティバルなど、いくつものフェスや大きなイベントにメインアクトで出演し、 2017年デビューアルバム「THE LAYBACK」をワールドワイドでリリース。同年7月5日に日本盤限定のボーナストラックを付けた『レイバック』をリリースし、10月には、ピーター・バラカン氏監修の音楽フェス「LIVE MAGIC! 2017」に出演、来日公演が決定しています。



ページトップへ